• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

屋根裏部屋のデメリット

屋根裏部屋というのは、屋根の下のスペースを有効に使っているので便利なものと思われますがデメリットも有ります。

収納スペースとして検討されやすい場所ではあるのですが、収納スペースにするには出し入れが大変で頻繁に出し入れをするものを置いておくには不向きな空間です。

それに加えて重いものや熱に弱いものの収納にも不向きであるため、収納スペースとして使うにしても収納に適したものが限られているので思ったよりも使い勝手が悪いということが考えられます。


すぐ屋根の下であるだけに夏場は非常に暑いので、普通に使用する部屋にするにしても夏場は暑さに耐えなければならず、エアコンを全開にしてしまえば余計な費用が発生してしまうこともあります。

結局このようなデメリットが有ることによって、空きスペース状態になってしまうこともあり、思っていたよりもメリットを活かすことができないということはよくあります。

しかし、使い方次第ではメリットが大きいのもまた事実ですから屋根裏部屋はデメリットを理解した上で、有効活用するのがよいでしょう。

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)