• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

太陽光発電の仕組み


注文住宅を建てたり、家を購入する際に屋根に太陽光発電sunの為の

ソーラーパネルを設置しようと考えている方多いと思いますwink

201652515158.jpg

太陽光発電とは、屋根に今葺いてある瓦や板金屋根に適応している金具を取り付け

 その金具にソーラーパネルを固定する為のレールを付けます ⇒ その上にモジュールを乗せ、発電した電力を

次のモジュールへ送る ⇒ ケーブル同士を繋ぎ、一列置いたら金具で固定します

その屋根上の太陽電池モジュールで発電した電力を外壁のパワーコンディショナー

屋内の分電盤へ送りその電力を売電したり、蓄電池へ充電するようになります。

屋外の買電と売電の値段の差により年数は変わりますが、モジュールを設置して年数が経つにつれ

掛かった費用の採算が取れるだけでなく、掛かった費用以上に売電での収入が入ってくるようになります

また、太陽光発電の電力は蓄電池を設置しないと自分の家で使用する事はできません。

パネル設置の際に蓄電池を取り付けることにより、災害の際や急な停電などで困る事は少なくなります。

将来のために今設置しておくと、いろいろな面で活躍するようになりますhappy01


 

 

長野県塩尻市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)