• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

その間取りで大丈夫?注文住宅の間取りと動線の考え方

注文住宅は、ご自身の思い通りに設計ができる反面、「実際に暮らしてみると不便なところがあった」「もうすこし間取りを考えておけばよかった」という後悔の声も聞こえてきます。
そこで今回は、注文住宅の間取りで失敗しないための方法を「動線」という観点から見ていきましょう。
 
□注文住宅の間取りが重要な理由
間取りとは住宅の部屋の配置のことです。
注文住宅の住み心地は限られたスペースをどう配分するかで決まってきますので、間取りを考えることは非常に大切といえます。
 
□間取りを考えるときのポイント「動線」
 
動線とは家の中を家事や用事で移動する経路のことをいいます。
間取りと動線にその家の暮らしやすさがかかっているといっても過言ではないでしょう。
 
□動線の種類
動線にはいくつか種類があります。
各動線の特徴について見ていきましょう。
 
*家事動線
圧倒的に多くの方が苦労されるのは家事動線です。
家事動線は掃除、洗濯など毎日家事をするときに通るルートのなので、距離は短く楽にしたいですよね。
例えば、洗濯機とベランダを近い配置にすれば洗濯物を干すのが楽になります。
玄関と冷蔵庫が近いと、食材を買ってきて冷蔵庫に入れるとき便利ですね。
毎日やる家事だからこそ、移動経路を短縮できれば暮らしやすさは格段に上がるでしょう。
 
*収納動線
収納動線は、使ったものを収納するのに移動する経路です。
最近ではリビングに衣類やカバンを収納できるスペースをつくり、着替えるクローゼットを配置するという家もあります。
洗濯物をしまうのが楽になり、朝の準備の時間も短縮できるというメリットがあります。
 
*衛生動線
衛生動線は水回りのことで、洗面所やトイレの配置に悩まれる方は多いです。
もちろん洗面所とトイレは近いほうが便利です。一方、リビングやダイニングとトイレが近いと食事中、来客中に音が気になってしまいます。
水回りの配置は難しいので家族で話し合い、慎重に決めるといいでしょう。
 
*来客動線
お家にお客さんが来る場面もあると思います。
来客を通すルートを来客動線といいます。
リビングに通すまでに、プライベートな空間が見えないようにするのが理想です。
リビングから見えにくい位置、キッチン横などにパントリーを設置しておくと来客時に慌てることはありません。
また、来客動線と家族が普段使う動線が重ならないようにしておくと、来客中だからと遠慮してできないことがなくなりますね。
 
 
ここまで「動線」という観点から注文住宅の間取りで失敗しないための方法を見てきました。
部屋の間取りや動線は建ててしまうとなかなか変えられないので、専門家に相談しながらお決めになられる方も多いです。
お悩みの方はぜひAIWA匠までご連絡ください。
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)