• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

タンクレストイレのデメリット

前回の記事で

“タンクレストイレのメリットについて”

お伝えしましたが、

 

今回は

  タンクレストイレのデメリット

                についてご紹介します。

 

 

デメリットは主に3つあります。

 

typhoon1つ目は、

停電時に水を流せないことです。
 

タンクレスでは電気で水を流しているため、

停電時はバケツに水を汲んで流さなければいけません。



typhoon2つ目は、

水圧によっては設置できないことです。
 

タンクレストイレは水道直結なので、

最低水圧を満たしていないと

水流の調子が悪くなったり、

詰まりの原因になります。


水圧は設置する場所やご自宅の場所、

建物の種類、土地の標高などによって

大きく左右されます。


ご自宅でできる水圧チェック方法としては、

“トイレの水栓にホースを取り付けて

バケツに水を溜め

1分間に溜まった水の量を確認する”

というものがありますよ。


また、シャワーの出が悪かったり

築年数が20年を超えているような配管では

水の出が悪いため、トイレの水圧が低くなることがあるので

注意してください。



typhoon3つ目は、

メンテナンス上の問題です。


タンクレストイレではウォシュレットや便座が

一体になっているので、

便座やウォシュレット部分が壊れた場合、

単体で修理や交換ができません


構造自体も複雑なので、修理費用も高くなります。


メンテナンスをしながら長く使いたいという方には向いていないでしょう。

 

 

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)