• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

住宅構造~ツーバイフォー工法

住宅を建てられる際に、耐震性耐火性など

性能を重視される方もいらっしゃるでしょう。

今回はそのような方のために、

性能に優れた住宅構造である

【ツーバイフォー】についてご紹介します。
 


ツーバイフォーとは

2インチ×4インチの規格化された柱を枠組みとして、

パネルで床や壁、屋根などを箱状に組み上げる

北米で開発された建築法のことです。

 

ツーバイフォーでは

壁で建物が構成されていて、

面構造を基本にしているため、

床・壁・屋根により6面体が出来上がることで

家全体強い一体構造となります。

 

地震や風など外部の圧力を建物全体で受け止め、

荷重を一点に集中させることなく

全体に分散するので、外力に対して

抜群の強さを発揮しますよ。

 

また、ツーバイフォー工法の住宅では

熱伝導率の低い木材を構造材に使っている上に、

一体構造で高気密性を確保しているため、

外張断熱の必要のない高性能な住まいが実現できます

 

 

他にもツーバイフォーでは

箱型の構造を組み合わせているため

火の通り道となる床や壁の枠組み材が

防火区画のような役割を果たしているので、

火が燃え広がるのを遅らせることができます

最近ではこの工法で家を建てる方もたくさんいらっしゃいます。

 
 
性能を重視!という方は、
是非ツーバイフォー工法で家を建ててみてはいかがでしょうか。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)