• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

無垢フローリングを選ぶデメリット

無垢フローリングはとても素敵で味がありますが、その分デメリットも少なからずあります。

まずはフローリングに隙間ができてしまうことです。

無垢材は元々吸湿効果があり、湿気を吸うと膨張する性質があるため、それを考慮してあらかじめ隙間が作られています。

もちろん気になるほどの隙間ではないのですが、使う木材の乾燥が十分でない場合、木材内部に含まれた水分が乾燥していく過程で、この隙間が広がってしまうことがあります。

そして無垢材は水分に弱く、きちんと手入れを行わないと曲がりや割れなどが生じる可能性があります。

水をこぼした場合はすぐにふき取り、普段の掃除でも水気を含まないように気を付けなければなりません。

また、無垢材はなめらかで柔らかい肌触りが魅力ですが、逆に言えば傷やシミができやすい性質であると言えます。

きれいな状態で使い続けるためには、定期的にワックスなどで保護を行う必要があり、少し手間だと感じる方もいるかもしれません。


無垢フローリングを選ぶ際は、メリットだけではなく、気を付けるべきデメリットも頭に入れておきましょう。

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)