• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

増築と改築の違いって?


住宅の工事には、目的によって『増築』と『改築』の2通りの手段がありますsun
それぞれ同じ様に思えますが、意味合いが異なります。

大まかにいうと、

 

増築・・・・家全体の床面積が増えるという点が特徴

改築・・・・床面積は増やさず、間取りなどを変更するという点が特徴

 

具体的な例を挙げると、

 

在の部屋の数では足りないため、敷地内を利用して建物を増設したり、もう一部屋ほしい場合は

       

    “増築ということになります。

 

■家族の人数の割には部屋数が多く、一部屋の面積が少ないために、2部屋を1部屋に変えたりすることは

 

    “改築ということになります。

(廊下をなくして廊下の部分を、リビングなどの部屋の一部とするといったことも改築”となります。)

 

当然どちらであっても工事が必要となりますが、工事内容が異なり、
 

改築よりも増築の方が工事内容としてはthunder複雑で大掛かりthunderになる傾向にあります。

増築の方がdanger費用が高くなることが多くなる ということなので注意しましょうeye

住宅の工事を検討している場合には、工事の目的をはっきりと認識してから、工事業者へ依頼するようにしましょうねnote

 

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)