• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

土地の固定資産税について

 
 

先週、新築住宅の固定資産税の特例について述べさせていただきましたwinkrockshine

下記に、土地の固定資産税の特例について記させていただきます。

固定資産税=固定資産税評価額(課税標準額)×1.4%(標準税率)

となります。

この中で、住宅用地につきましては、税負担の軽減目的で、特例措置がありますflair

小規模住宅用地(住宅1戸あたり200㎡以下)と一般住宅用地(住宅1戸あたり200㎡を越え、
床面積の10倍までの部分)に分け、下記の課税標準額が軽減されます。

小規模住宅用地 住宅用地で1戸につき200㎡までの部分 価格×1/6

一般住宅用地 住宅用地で1戸につき200㎡を越え、
家屋床面積の10倍までの部分 価格×1/3

このことより、新築でお家を建てられた場合、建物の固定資産税はそれなりの金額になるので
danger要注意dangerですが、土地の固定資産税はある程度軽減されるケースが多くなります。

松本市、塩尻市、岡谷市、諏訪市、安曇野市エリアで、

不安な点、または新築、リフォーム、住み替えのご相談がございましたら、遠慮なく㈱AIWA匠

お問い合わせください。