• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

デッドスペースをリフォームで収納スペースに


houseの中を見渡してみると、思った以上にデッドスペースの存在に気付くものです。

収納が少ない家なのであれば、デッドスペースをリフォームして収納スペースにしてみてはいかがでしょうか。

まず家の中にあるデッドスペースとしては、階段裏があります。

階段裏を本棚やパントリーにすれば、多くのものを収納することが出来るようになります。

その他にも、吊戸棚で空間を利用するのもオススメです。

普段使わないようなものも収納しておくことが出来ますので、すっきりと収納をすることが出来るようになるのです。

なんと家具の隙間を本棚にすることも可能です。

ほんの少しの隙間があれば、そこを本棚にすることが出来るので、散乱している本を片づけるスペースを作ることが出来るようになります。

収納が少ない家だったとしても、上手く空間の利用をすることによって、いくらでも収納スペースを作ることができますよ。

収納を作っておけば、部屋の中も片づけやすくなります。

家の中のあらゆる部分にデッドスペースがあるものなので、どのように使えば、有効的に使えるかを考えてみましょう。

 

長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)