• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

低金利と借り換え

 
 

皆さんご存知のとおり、低金利が継続しています。downwardright

 

フラット35の10月の実行金利も、9割以下の場合、返済期間が21年以上ですと1.590%、20年以下の時、

1.320%となっています。

変動金利も平成7年より、低水準が続いています。

 

先日も建て替えのお客様より、住宅ローンの借り換えのご相談がありましたので、改めて記載させて

頂きます。house

 

金利が高い時期に固定金利で借りていると、金利を多く払っていることがあります。

20数年前ですと、当時の住宅金融公庫を使って、4%後半の固定金利ということもありました。

 

冒頭との金利差が約3%ありますので、その分の金利を多く払っていることになります。

 

これから金利が上昇するupwardrightリスクを想定すると、下記の条件の方は借り換えをご検討されることを

お勧めします。

 

1.住宅ローン残債が1,000万円以上残っている。

2.返済期間が10年以上残っている。

3.借り換えの前後での金利差が1%以上ある。

 

お建て替え、住み替えの場合はこれらをご検討いただく必要があります。

長期金利、変動金利ともに低金利であり、ローンの出費を数百万円単位で減らすことも

可能な時です。dollar

 

塩尻、松本、安曇野で建て替え、住み替え、新築のご相談は、(株)AIWA匠へお問い合わせください。