• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

さよなら”ロン”

20年近く我が家の番犬として頑張ってくれた ”ロン”が永眠しました。 12月11日(火)が命日となりました。 1週間前 突然左半身付随となってしまいました。 それでも散歩に行きたがるので、介護用ベルトを 用意して、歩かせたのですが、歩きたい気持ちが 強く 3歩、4歩とあの体で動くのです。 かかりつけの医師に相談しましたら、『ご高齢なので、 安らかに逝けるよう見守ってあげて下さい。』との ご支持を頂き 苦しむロンを見守るしかありませんでした。 食べれず、飲めず弱りきっていくロン。 そんなロンをずっと看ていた野良猫の小太郎が ロンの異変を家族に伝えてくれた。 覚悟はしていたけれど 涙がとめどなく溢れたきました。 ”ロン”ありがとう ロンのおかげで散歩続けられました。 ロンのおかげで 動物の可愛さ、愛おしさを知ることが できました。ロン本当にありがとう。