• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

松本市で注文住宅を考えている方へ!ベランダのメリットとデメリットとは?

「注文住宅にベランダは必要なのか分からない」
このように悩んでいる方もいらっしゃると思います。
確かに、初めての家作りでは、分からないことも多いでしょう。。
そこで今回は、松本市に在住の方にベランダを設置するメリットとデメリットをご紹介します。
 
□ベランダを設置するメリットとデメリット
 
*ベランダを設置するメリット
 
メリットの1つ目は、洗濯物や布団を干せることです。
ベランダは、日当たりや風通しが良い場所なので、洗濯物を干す場所にぴったりと言えるでしょう。
 
また、大量の洗濯物や布団など大きいものも、一度に干せるため時短になります。
ベランダでは、天日干しが可能になるため、部屋干し特有の臭いを気にする必要もありません。
 
メリットの2つ目は、エアコンの室外機が置けることです。
ベランダがない場合、室外機は一階に設置するか、壁に取り付けます。
そうすると、一階部分に室外機が集中したり、長い管を室外機まで伸ばしたりする必要があるでしょう。
 
住宅の外観を損ないたくない方には、ベランダを設置して室外機を置くことをおすすめします。
 
メリットの3つ目は、ゴミの仮置き場にできることです。
室内でゴミを放置すると臭いが気になり、邪魔になることが多いでしょう。
ベランダにゴミを保管することで、不快感を減らせます。
また、ベランダにゴミを置いても外からは見えないため、外観を気にする必要もありません。
 
*ベランダを設置するデメリット
 
デメリットの1つ目は、コストがかかることです。
ベランダを設置する際は、ベランダ分のスペースを確保するだけではありません。
 
雨漏り対策、ベランダの壁や床の施工などの費用がかさむため、ベランダがない場合の費用より高くなります。
また、経年劣化したベランダは、雨漏りを起こす可能性があるため、定期的なメンテナンスが欠かせません。
 
デメリットの2つ目は、管理に手間がかかることです。
ベランダは、屋外にあるため、風に流されてきたゴミや落ち葉、排気ガスなどで汚れやすい場所です。
さらに、掃除を怠っていると汚れはどんどん落ちにくくなります。
そのため、定期的な掃除が必要となるでしょう。
 
デメリット3つ目は、室内の面積が小さくなることです。
ベランダは、総床面積に含まれることが多いため、その分室内を広げられます。
しかし、条件次第では、ベランダを総床面積に含めない場合もあるため、確認が必要です。
 
□まとめ
 
今回は、ベランダを設置するメリットとデメリットをご紹介しました。
ベランダがあると様々な目的で有効活用できる反面、ベランダの設置や維持に手間がかかることがお分かりいただけたと思います。
ぜひ、この記事を参考にして、ベランダを設置するか検討してみてください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)