• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

松本市で注文住宅を検討中の方へ!お風呂場で失敗しないためのポイントとは

松本市で注文住宅を検討されている方にお聞きしたいことがあります。
みなさんは、お風呂場の間取りをしっかりと考えていますか?
お風呂はなんとなく他の部屋の間取りよりも重要度が低くなっている方も多いと思います。
しかし、お風呂で失敗した事例も少なからずありますので、慎重に検討する必要があるでしょう。
 
 
□お風呂の失敗例と、失敗しないためのポイント
 
実際に新築を建てた方がお風呂に関して失敗したと感じるポイントはいくつかあります。
ひとつには、お風呂の広さの問題があります。
多くの人は、リビングや寝室などの居住スペースから間取りを考えていき、最後に残った部分をバスルームに充てられるので、自然とお風呂場の面積は狭くなる傾向にあるでしょう。
しかし、お風呂場を狭くしてしまうと、せっかくのくつろぎの場でゆっくりとくつろげず、後悔するケースもあります。
そのため、バスルームの場所は妥協せずにしっかり広めにとることをおすすめします。
また、お風呂の掃除のことをあまり考えずに間取りを決めてしまう方もいらっしゃるでしょう。
風呂場は湿気のこもりやすい場所で、簡単にカビが生えてしまうこともあります。
そのため、カビ対策もしておいた方が良いかもしれません。
さらに、バスルームを設置する場所によっては、その周りの部屋もカビが生えやすくなってしまうことが考えられるでしょう。
これらのことにあらかじめ注意した上で、お風呂場の間取りを検討するのが良いでしょう。
次に、このような失敗をしないために、お風呂場に関するポイントを解説していきます。
ポイントとしてまず挙げられるのは、お風呂場の通気性を意識することです。
先ほども申し上げた通り、お風呂場は湿気が高くなる場所なので、窓を付けるなどして湿気を外に逃がす工夫をする必要があるでしょう。
また、別のポイントとしては、お風呂場は広くした方が良いという声もあります。
リラックスするためにも、足をいっぱいに伸ばせるくらい広い浴槽は理想だと思います。
また、バリアフリーを意識してお風呂場と脱衣所の段差は少なくする方が良いという意見もあります。
このように、お風呂場を考える際には、後悔しないようにこれらのポイントも意識してみてはいかがでしょうか。
 
 
□まとめ
 
今回は、新築住宅のお風呂場の失敗例と、失敗を避けるために気を付けた方が良いいくつかのポイントについて解説しました。
お風呂場は意外と失敗してしまうことも多い場所ですので、後悔しないためにも今回紹介した失敗事例を参考に、お風呂場の間取りを慎重に考えてみるのはいかがでしょうか。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)