• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

松本市在住の方必見!注文住宅を建てた人がキッチン設備で後悔したこととは

「理想のキッチンを設計したい。」
「でも、キッチンの設備で後から後悔しないか不安だ。」
とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
家を建てる前に、キッチン設備に関する失敗例や後悔したエピソードを知っておきたいですよね。
そこで今回は、注文住宅のキッチン設備でよくある失敗例と、後悔しないためのポイントをご紹介します。
 
 
□キッチン設備でよくある失敗例とは
 
*理想が先行しすぎていた
 
みなさん、あこがれのキッチン像はありますか?
Aさんは、理想のキッチンを思い描いており、どうしてもアイランドキッチンにしたいと考えていました。
しかし、建坪面積が十分に広かったわけではなく、アイランドキッチンにしたことでリビングダイニングのスペースが狭くなってしまったようです。
その結果、ソファを置く場所も十分に確保できず、家具のレイアウトに頭を悩まされています。
ここから言えることは、理想のキッチン像が先行しすぎて、家具などのレイアウトまで意識できていないと、あとから後悔する可能性があるということです。
キッチンを設計する際はリビングダイニングのレイアウトまでしっかり考えておいた方がいいようですね。
 
*コンセントのアンペア数を確認していなかった
 
家を建てる際に、コンセントのアンペア数は確認していますか?
朝の忙しいときは、例えば電子レンジやトースターを同時に使わないといけないときもあるでしょう。
アンペア数が足りていないと、複数の家電を同時に使ったときにブレーカーが落ちてしまう可能性があります。
打ち合わせの際に、コンセントのアンペア数や設置場所はしっかりと確認しておくといいと思います。
 
 
□キッチンで後悔しないためのポイント
 
*家事動線を意識する
 
家事動線とは、料理や洗濯、掃除を無駄なく効率良く行うために必要な動きを意識した経路のことです。
この経路を意識してキッチン設備を考えると、家事で忙しい朝や夕方の時間帯などは特に便利です。
みなさんも家事動線を念頭において、キッチン設計をしてみてはいかがでしょうか。
 
*家族全員のことを考える
 
せっかく新築を建てるのですから、家族全員の暮らしが豊かになる家づくりがベストです。
家族のメンバー全員が納得でき、みんなの暮らしがより良いものになることを目指して、キッチンの設備も検討していきましょう。
 
 
□まとめ
 
今回は、キッチン設備にまつわる失敗例と、キッチン設備で後悔しないためのポイントをご紹介しました。
先に良く起こる失敗例を知っておくことで、キッチン設備での後悔を未然に防ぎたいですよね。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)