• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

松本市で注文住宅を検討する方必見!ローンの流れについて詳しく解説します!

「注文住宅のローンについての知識がない」
「ローンを組む際の流れがわからない」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな方向けに注文住宅のローンとは何かを流れとともに詳しく解説します。
ぜひ、注文住宅に関する資金計画を立てる際の参考にしてください。

□注文住宅のローン
*本審査と仮審査
ほとんどの金融機関では建物の建築確認が完了すればローンの本審査を受けることが可能になります。
本審査とは、きちんと返済できるかどうか、担保の価値がどの程度なのかといった審査や、仮に返済ができなかった場合のことも考慮した厳密な審査を指します。
また、住宅ローンの審査は仮審査と本審査の二段階に分けて行われることが多いです。
最初に住宅ローン申請を受理してから仮審査を行い、仮審査を通過すると建物の契約、そして本審査が行われます。
本審査を通過できなかったらローンを組めなくなるのかと考えがちですが、仮審査制度があります。
以前はこの制度がなく、審査を通過できるのかを判断することが困難でした。
このような事態を改善すべく、仮審査制度が生まれました。
仮審査に通過すれば、本審査を通過できる確率が高いという指標にすることができます。
しかし、仮審査はシンプルで参考程度の審査であり、本審査とは評価方法が微妙に違うため、仮審査に通過したからといって必ず本審査を通過できるとは限らないことに注意してください。

□流れ
主な流れは以下のようになっています。
*土地購入
*資金計画
*ローン事前審査
*施工契約
*ローン本審査
*住宅ローンの契約
*ローンの開始
 
まずは立地や環境を考慮した土地選びをして、具体的な予算を決めるための資金計画をします。
その後に仮審査を通過したら業者と施工に関する契約をします。
この際に施工後の不備やトラブルに対応できるように契約書と設計書をしっかりと確認して受け取ることをおすすめします。
次に本審査を通過することができれば、ローンの契約をして、そこからローンの返済がスタートします。

□まとめ
今回は注文住宅のローンの流れについて詳しく解説しました。
ローンの流れを把握しておけば、スムーズに契約が進み、心理的負担を軽減できます。
ローンを検討中の方は特に綿密な資金計画を立てなければなりません。
ローンの細かい内容や審査の評価方法は機関によって違うので、一度ご自身で確認することをおすすめします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)