• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

リフォームで断熱性や省エネ効果をプラス|松本市でリフォームする方へ



「断熱性や省エネにも気を配ったリフォームがしたい。」
このように、リフォームをお考えの方はいらっしゃいませんか?
 
せっかくリフォームするなら、断熱性が高く、省エネな住宅にしたいですよね。
 
そこで今回は「断熱性や省エネにこだわったリフォーム」のことについて詳しくお伝えします。
 
 
 

□リフォームする前に、まずは家の状況を詳しく知ろう

 
断熱性や省エネ性能を高めるためには、まずは現在の家の状況を詳しく知ることが大切です。
家のどの部分の断熱性能が低いのか、どこでエネルギーのロスが起きているのかを把握してからのリフォームの方が効果的かつ効率が良いです。
では次に、課題を見つけるためには、どのような調査をしたらいいのかをご紹介します。
 

*ホームインスペクションをしよう

ホームインスペクションとは、家の状況の調査のことです。
専門の資格を持った建築士が、家の状況を詳しく調べることで、劣化部分が判明します。
したがってまずは住宅会社に依頼してホームインスペクションをしてもらいましょう。
 
 
 

□基礎断熱で温度を保つ

 
断熱性能を高めるためにおすすめなのが、家の基礎の部分にも断熱性能を取り入れることです。
床下の温度が外気の影響を受けにくくなり、冷暖房の効率が良くなります。
また、シロアリ対策の薬剤を入れて作られるため、シロアリがわく心配がない点も魅力でしょう。
 
 
 

□Eco-i工法を取り入れて省エネ効果をアップ

 
Eco-i工法とは、夏は涼しく冬は暖かい地中の熱を利用した「省エネ換気システム」のことです。
省エネ効果が高いEco-i工法の特徴を詳しく見ていきましょう。
 

*Eco-i熱交換システムとは

外の空気を特殊なフィルターを通して屋内に給気するシステムです。
フィルターで綺麗にした空気を床下のEco-i熱交換器へ送り、室内の空気と入れ替えます。
また地中にある熱交換器で、夏は涼しく冬は暖かくした綺麗な空気を送ることで、部屋の温度を快適に保つことができます。
 
 
 

□Low-Eガラスで断熱性を高めよう

 
Low-Eガラスは、赤外線を反射し、熱を通さないので断熱性を高めることができます。
住宅のガラスにLow-Eガラスを使うと、部屋の室温をしっかりと保つことができるのでおすすめです。
また、紫外線も反射してくれるので、畳や家具の日焼けも防いでくれます。
 
 
 

□まとめ

 
今回は断熱性や省エネにこだわったリフォームについて詳しくお伝えしました。
 
断熱性や省エネにこだわるのであれば、インスペクション(点検・検査)を行い、リフォーム内容をしっかりと考えましょう。
 
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。
 
長野県塩尻å市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)