• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

費用がかかる土地代。松本市の方へローンの組み方をご紹介

松本市の住宅を建てようと検討している皆さん、費用の準備はできているでしょうか。
住宅を建てるときには、土地にかかる費用、建設費用にかかる費用などがあり、多額の費用となります。
そこで頻繁に利用されるのがローンです。
ローンを組むことで一括で払うことのできない費用を払うことができます。
そこで今回は、ローンの組み方について紹介します。
 
□ローンについて考える前に
ローンについて考える前に決めて置かなければならないことがあります。
それは費用をもとに住宅を建てるのか、理想の住宅からかかる費用を出すのかです。
費用をもとに住宅を建てる場合は、費用の上限を決めて業者に伝えます。
その上でその上限額内での最高の住宅を建てます。
反対に、理想の住宅から考えて費用を出す場合は、まず理想の住宅を考えて建設業者に依頼、その見積もりから費用が決まります。
お金に余裕のある人や長期間でお金の返済が可能な人はこの方法を取りやすいです。
 
□ローンの組み方
費用が決まるといよいよローンの組み方を考え始めます。
 
*必要金額を確認
まずは、ローンを組む必要がある金額を確認します。
費用から先に払える分のお金は払うことをおすすめします。
そのため払える分を払い、残った金額をローンを組んで対応します。
 
*融資元を選ぶ
費用の金額が分かれば融資元を選びます。
近年は普通の銀行以外にもネット銀行などもあり、金融機関によって手数料が変わってきます。
手数料の安さと金融機関への信頼度合いを考えて選びます。
 
*金利を選ぶ
次に金利を選んでいきます。
金融機関によっては、金利が変動制のローン、固定のローンがあります。
それぞれ紹介します。
 
変動制の場合は、金利が下がったときにローンにかかる金利も下がります。
しかし、金利が上がった場合にはローンにかかる金利も上がるので返済する額が増えます。
固定制の場合は金利が固定なので上がり下がりすることがありません。
そのため世間での金利が上がっても返済額は変わりません。
その反対に下がった場合も返済額は変わりません。
 
*審査を受ける
最後に審査を受けます。
ローンを組むときに、金融機関がお金を貸しても返って来るのかどうかを判断するための審査です。
この審査を受けるときに、審査の対象を選ぶことができます。
例えば夫婦で融資を受けようとした場合、夫にのみ審査を受けて借りることも夫婦両方の収入で審査してもらうことも可能です。
借りたい額が多い場合は夫婦で審査を受ける方がおすすめです。
 
□まとめ
今回はローンの組み方について紹介しました。
建築費用、土地にかかる費用はどうしても多額な費用となってしまいます。
ローンを上手く組み、自分にあったお金を借りてください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)