• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

リフォームでもローン控除は受けられる?ローン控除の詳細をご紹介

「リフォームでもローン控除は受けられるの?」
「どんなリフォームをしたらローン控除の対象になるの?」
このように、ローン控除についてお悩みの方はいらっしゃいませんか?
今回は、リフォームのローン控除についてご紹介します。
 
□リフォームでのローン控除とは
ローン控除と言うと、一般的には新築住宅を建てた時のイメージがあると思います。
実は、住宅をリフォームした時にも、ある一定の条件を満たしていれば、控除の対象になります。
 
ローン控除の対象は、当然ですが自らが住む住宅のリフォームになります。
では、自分が住む住宅はどのような基準になるのでしょうか。
その基準とは、リフォーム後半年以内に居住して、12月31日の控除の基準日まで住み続けることです。
 
また、その他の条件として、工事費用や住居の広さがあります。
工事費用では100万円以上の工事費で、その内半分以上の金額が自分が居住するための部分の工事費でなければなりません。
住居の広さでは、リフォームした後の住居の床面積が50㎡以上で、その内半分以上の金額が自分が居住する部分の工事費でなければなりません。
ローンの期間が10年に満たない場合は、控除の制度を受けられないので注意しておきましょう。
 
□どんなリフォームが対象?
では、具体的にどんなリフォームが対象となるのでしょうか。
以下に、具体的な工事内容をご紹介します。
 
・省エネルギー改修工事
・バリアフリー改修工事
・建築基準法に従った構造強化や、地震対策として安全な基準を満たすための改修工事
・住宅の中の洗面所、納戸、浴室、キッチン、トイレ、玄関、廊下の床あるいは壁全面の改修工事
・区分所有建物(マンションやアパートなど)のうち、所有している箇所の壁、階段、床の半分以上に渡って行われる改修工事
・改築、増築、建築基準法に則った改修あるいは模様替えの工事(しかし、大規模に限る)
ここでの大規模な工事とは、床、柱、壁、屋根、階段、梁のどれか1つ以上に対して半分以上の工事を行うことを指します。
 
□施工事例
実際のローン控除が受けられるリフォームの施工事例についてご紹介します。
 
*住宅の断熱性強化
省エネ住宅となるので、ローン控除の対象となります。
天井、壁、床などに断熱材を入れることで、住宅の断熱性を高め、冷暖房の効果を高められます。
総工費は、おおよそ200万円〜400万円になるでしょう。
 
*バリアフリー化
トイレの段差をなくして手すりをつけたり、浴室なら心筋梗塞や脳梗塞を防ぐために断熱材を入れたり、冷暖房設備を整えたりして、高齢者が快適に過ごせる家づくりです。
総工費は、どの箇所にどのくらいの設備を施すかで大きく上下します。
 
□最後に
ローン控除は新築だけではなく、条件を満たしていればリフォームでも対象になります。
ですので、リフォームを検討している方は、ぜひローン控除について確認しておきましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)