• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

六曜について

六曜について、先勝、先負、仏滅、大安、赤口

大安は縁起が良い、仏滅は縁起が悪いという事は 誰でもが

知っている事でしょう。

 

六曜は、古代中国使われていた古代中国で使われていた暦の

ひとつで、考え出したのが かの有名な諸葛亮孔明だといわれて

います。孔明は戦いの時に六曜をもとにして 吉凶を占い、戦況を

有利に運んだといわれています。しかしまた六曜と孔明とは

関係がないという説も根強く その発祥は定かではないようです。

 

日本に入ってきたのは鎌倉時代から室町時代にかけてといわれてい

ます。日本ではそのひの運勢を占い、行動を決める指標として盛んに

つかわれるようになりました。

不安定で先行きの見えない世相が人々をそうさせたのかもしれません。

 

明治政府は、六曜を否定し禁じました。近代国家を目指した明治政府は

六曜は迷信であり、六曜に基づいて暮らすのはよくないとカレンダーからも

削除されました。又中国ではほとんど使われなくなっていたということも

原因の一つとも考えられます。

 

第2次大戦後再び愛用されるようになり現在に至るようです。冠婚葬祭の

日取りを決めためにつかわれ、好まれているのが、なんでもうまくいく

大安でしょう。大安吉日とも言われ お祝いごとにはこの日を選ぶ人が

多いようですが、仏教とはなんのの関係もないようです。現代では、

仏滅は金額が安いからと選ばれる方もおり、信じるも信じないのも

あなた次第です。          byてるリン