• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

松本市で家を建てられる方へ|土地代のローンの組み方と注意点を解説

分譲住宅ではなく家を建てることになると、家を建てるための土地が必要です。
資金計画についても考える必要がありますよね。
そこで、今回は土地代のローンの組み方についてご紹介します。
 
□どのように組むのか
土地のローンと言われても、あまりピンとこないという人も多いでしょう。
土地だけでローンを組むことは一般的に土地先行融資、つなぎ融資と呼ばれます。
そういったローンを住宅とは別に組んでも、後から住宅ローンを組むときにトラブルが発生する場合もあります。
 
例えば、土地の購入のためのローンの審査は通ったのに、住宅は通らなくて困ってしまう、土地は対象外で住宅ローン控除の対象にならないなどがあります。
ですので、トラブルや面倒事を避けるために、家のローンと一本化する人が多いです。
 
□単体のローンで気をつけたいこと
土地だけを先に入手したいという方もおられるでしょう。
そういったときには、気をつけるべき点がいくつかあります。
 
*家を建てる計画がないと厳しい
土地の購入でも、借り入れるのは住宅ローンです。
そのため、家を建てるための計画が必要になることがあります。
ローンの審査を行う銀行が本当に家を建てる気があるのか判断するために、きちんとしたプランがあった方が説得力が増します。
土地を見つけ、いつかここに建てたいな、程度の考えですと、ローンを組めなくなる場合がありますので注意しましょう。
 
*支払いに注意
土地と住宅で別にローンを組むと、二重ローンになります。
手続きだけでも面倒ですし、二つのローンを同時に支払うとなると、負担も大きくなります。
土地のローンと家のローンを同時に組めるのか、生活には問題ないのかについて考えましょう。
 
*名義に注意
土地のローンを組む際には名義が必要ですよね。
その名義を誰にしておくかも注意しておきましょう。
名義が家のローンと違うと、住宅ローンを一本化する際のトラブルの原因になる可能性があります。
 
□ローンはどうしたら良いのか?
結局、土地のローンはどのようにしたら良いのでしょうか。
手続きの面から、簡単なのは住まいと一緒に住宅ローンを組むことです。
ですが、どうしても先に気に入った土地だけ買いたいという方は、今回ご紹介した注意点を意識してローンを組みましょう。
名義を揃えることで、後から住宅ローンと一本化できる可能性もあります。
 
□おわりに
今回は、土地のローンの組み方についてご紹介しました。
気に入った土地があれば先にローンを組むことも可能ですが、後から厄介になることがあります。
そういった時には、今回ご紹介した注意点も参考にしながら資金計画を考えてみてはいかがでしょうか。
疑問点やご質問などございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)