• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

リフォームとリノベーションの違いについてご紹介

物件は一から作る新築の他にも、一度使われている為に価格が下がっている中古物件が存在します。
しかし、中古物件の機能は新築物件と比較して仕様が古いという事もありますので、何らかの形で現代の建築物の仕様に合わせる必要があります。
 
近年、注目されているのがリフォームとリノベーションです。
この両者の違いは、部屋の間取りを変更するのかどうかという部分にあります。
 
リフォームは主に壁や床などをフロアシートなどを活用して部屋の雰囲気や機能性を変えていくというものです。
部屋の雰囲気を変えたいだけであれば、この施工方法を使えば、コストを最小限に抑える事も出来るでしょう。
 
リノベーションは、間取りを変更しますので、柱や壁などを取り払って、間取りを広くしていきます。
このようにする事で、元の間取りと比較して広々とした部屋を作り出す事が出来ますので、リフォームよりも踏み込んだカスタマイズが行えます。
 
リフォームとリノベーションでは、間取りの大幅な変更を行いますので、リノベーションの方が施工費が高くなります。
また、工期も長くなりますが、大幅な部屋のカスタマイズが施せますので、リノベーションの実績が高い企業であれば、ユーザーの思いのままのカスタマイズに仕上げてもらえる可能性が広がります。
 
施工方法の違いをよく理解して、最適な施工を行う事が大切です。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)