• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

新築を注文住宅にすることのメリットとデメリット

新築の住宅に住もうと考えた時には、建売住宅を購入するのではなく、注文住宅を建てるという選択をする人が少なくありません。
そのように注文住宅が人気なのは色々なメリットがあるからなのですが、その一方でデメリットもまたあるので、それらについてきちんと知っておくことが肝心です。
 
新築を注文住宅にすることのメリットの中でも、特に重要といえるのが、自分たちの希望を取り入れた住宅づくりが出来るという点です。
 
建売住宅はすでに建てられているものなので、部屋などの使い方は自分たちの自由になっても、間取りや内装などを設計の時点で自由にすることは、当然のことですが出来ません。
しかし設計の段階から自分たちが関われば、希望通りの夢の我が家が手に入れられる可能性が高くなります。
 
その他のメリットとしては、建設途中の状況を自分の目で確認出来るため、欠陥住宅になってしまう恐れが小さくなることも重要です。また、評判の良い会社や自分にゆかりのある会社など、設計や建設を行う会社を自分たちで選べるという点もメリットだといえます。
 
新築を注文住宅にすることのデメリットとして代表的なのは、費用が高くなりがちだということです。
自分たちの希望を出来るだけ叶えようとするので、予算が膨れ上がってしまう恐れは小さくありません。
また、住めるまでの期間が長くなってしまうこともデメリットとなります。
 
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)