• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅を建てるときに気になる話、費用の目安は?

注文住宅を建てるときは地域によって相場が違うことがあることを知りましょう。
この相場の違いは土地代だけではなく建築相場と広さも変わってくるのです。
ではどのようにして予算を組んだらいいのでしょうか。
 
まず費用の組み方としては、用意できる頭金を考えることから始めます。
頭金は通常住宅購入額の20%以上が一般的とされているのです。少なくとも10%は用意しておきましょう。
そこから引越しの費用や注文住宅を建てている間のための仮住まい費用も差し引いて預金からどのくらい頭金が用意できるか考えていくのです。
 
この次に考えることといえば、住宅ローンのことになってきます。
住宅ローンを考える目安としては自分自身の年収や完済できる期間があげられます。
住宅ローンの視点からも資金計画を考えてみることも大事になってくるのです。
 
こういった住宅ローンの返済は平均で30年前後といわれています。
これはポイントとして定年退職をする年齢に完済できるかどうかがポイントになってきているのです。
 
このようにして二つの視点から注文住宅を建てる際の費用を組み立てていくことで自分に合った無理のない理想の住宅を建てることが出来ます。

返済期間と金利を考えてそこに年収という視点も加えて融資したいと思う金額や返済方法を考えて決めることが注文住宅の予算のポイントなのです。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)