• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

リフォームのローン!有担保と無担保どっちが良いの?

リフォームローンには大きく分けて有担保型と無担保型があります。簡単に説明をすると、土地や建物を担保として提供するか否かという部分が大きな違いです。
前者では銀行はいざとなったら土地や建物を売却してローンを返してもらえるのでリスクが低く、低い金利で多額のお金を借りられる可能性があります。
 
単純に考えると、金利が低く多額のお金を借りられる有担保ローンのほうがメリットがあります。数百万円という大口融資を受ける場合にはこちらを選ぶべきでしょう。
逆に、土地などに抵当権を設定する必要があるので手間と時間がかかるということがデメリットです。登記のための手数料なども高めになります。
 
無担保のリフォームローンのほうは金利が高いですが、手間と時間がかからず手数料も安いということがメリットです。どちらのほうがよいということではなく、少額のお金を借りるのか、大口融資を受けるのかということで考えるとよいでしょう。
 
ちなみに、住宅ローンでもリフォームのためのお金を借りることができます。リフォームでは国からの補助金が出るなど、優遇制度が用意されていることがあります。省エネ・バリアフリー・耐震性といった一定の条件を満たす必要があります。
国からの補助金が出るかどうかについても調べた上で、一番メリットが大きくなる方法を選ぶのがよいです。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)