• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅に太陽光発電は必要?3つのデメリットで考えよう。

注文住宅に太陽光発電システムを設置することで、「電気代が安くなる」「売電収入が得られる」といったメリットがあります。
一方、太陽光発電の設置にはデメリットも存在します。どのようなデメリットが考えられるでしょうか。
 
太陽光発電のデメリット
1. 日射量に左右される
太陽光エネルギーを利用して発電するシステムなので、日射量や日射時間で発電量が左右されます。
しかし設置角度や場所の工夫で、曇りや雨でもある程度の発電量は確保可能です。
損のないような太陽光パネルの設置を行いましょう。
 
2. 初期費用が高い
メリットとして、毎年ある程度一定の収入が得られるという点が挙げられました。
一方太陽光発電には膨大な初期費用がかかってしまいます。
とは言っても、技術の進歩のおかげで初期費用は10年前の3分の1ほどに下がっています。
およそ100万円~200万円の初期費用を見ておきましょう。
 
3. 破損の恐れがある
メンテナンスがほぼ要らないといわれている太陽光発電ですが、災害が生じると破損してしまう可能性は大いにあります。
大型台風や大地震によって直接破損する場合や、飛んできたものによって傷つけられる場合が考えられます。
太陽光発電には保証がついていますので、契約時は確認しておきましょう。
 

これらのデメリットは太陽光発電を導入する上で避けられない条件です。

メリットと比較して、注文住宅に太陽光発電をつけるのか、自分が納得のいく判断をしましょう。

 

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)