• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅の失敗ポイントって?|家の明るさ編

こんにちは、AIWA匠です。
前回は、注文住宅の間取りを決める際に、視点を意識することの重要性についてご紹介しました。
今回は、家の明るさに関する失敗についてお伝えしたいと思います。
 
せっかくの注文住宅なのですから、暗い家には住みたくないですよね。
注文住宅をお考えの際は、部屋の明るさを意識して、間取りなどを決めていくとよいでしょう。
家に十分な光を取り込めるかは、周囲の建物や窓にとって大きく左右されます。
 
他にも、季節や地域によって変化があることを想定する必要があるでしょう。
家の明るさの失敗例としては、家の出入り口である玄関に陽が入らず、ずっと暗いといった事例が挙げられます。
 
他にも、リビングのライトをこだわったのにも関わらず、リビングが南向けに設計されていたために、ライトを有効に使えないといった例も聞きます。
このような明るさの失敗を防ぐためにも、設計の段階で、家のどの部分から光が取り込まれるのかという点への意識が大事ではないでしょうか。
 
他にもどの時間帯に家にいることが多いのかといったライフスタイルによっても、調整の余地があります。
 
いかがでしたか。
やはり家に住む人が明るく暮らすためには、家の明るさにも目を向ける必要があるでしょう。
次回は、家の温度についてご紹介したいと思います。
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)