• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅の失敗ポイントって?|収納編

こんにちは、AIWA匠です。
前回は注文住宅の失敗ポイントとして、モデルハウスのような家を求めてしまうことについてお伝えしました。
今回は、収納についてお伝えしたいと思います。
 
収納に関する失敗は、実は注文住宅を建てた方にとって一番悩ましい失敗であることをみなさんはご存知でしょうか。
まず、多くの人にとって重要なことは収納スペースが十分に確保されているかですよね。
 
注文住宅を検討する際、将来どれくらいの収納が必要になってくるのかまで考えることが重要です。
また、本来収納があってほしい場所、いらない場所に収納を設置してしまうということも失敗例としては非常に多いです。
 
例えば住宅の設計上、収納が通路になってしまったり、玄関にコート用のクローゼットがないことで、床に放置せざるを得なくなったということが挙げられます。
このような失敗をしないために必要なことは、実際に生活してみた時のイメージを持って、収納スペースの位置や大きさを考えることではないでしょうか。
 
 
いかがでしたか。
実際にあこがれの注文住宅での生活が始まったのに、収納に悩みを抱えてストレスを溜めたくないですよね。
収納も大事な生活の一部ということを頭に入れて、もう一度設計を考えてみましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)