• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|エコ・アイ工法、Low-Eガラス編

前回は、家の断熱効果を高めるための樹脂サッシについてご紹介させていただきました。今回は、その樹脂サッシの中にいれるガラスであるLow-Eガラスについて見ていきましょう。
 
Low-Eガラスとは、LowーEmissivityの略称で、訳すと低放射ガラスとなります。低放射とは一体何を指すものなのでしょうか。放射率は、物体が熱放射で放射する光のエネルギーの比率を示したものです。つまり、放射率が低いほど光のエネルギー・赤外線を放射するということです。この際、通常のガラスの放射率が約0.85であるのに対して、LowーEガラスは、放射率0.1以下を記録しています。このことからLowーEガラスは熱を通さない、断熱性の高いガラスといえるでしょう。断熱性が高いだけではなく、紫外線も反射するため、畳や家具の日焼けを防ぐといった効果も期待されます。エコ・アイ工法では、樹脂ガラスとLowーEガラスを住宅に設けることで高い断熱効果を実現しています。
 
いかがでしたでしょうか。普段の生活ではガラスやサッシなど注目する機会はあまりないかと思います。しかし、室内の空気をより過ごしやすいものにするには重要なパーツであることがご理解いただけたでしょうか。次回は、エコ・アイ工法による基礎断熱についてご紹介します。
 
 
長野県松本で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)