• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

リフォームはどんな流れで行われる?順を追ってわかりやすく説明

リフォームはどんな流れで行われる?順を追ってわかりやすく説明

日々暮らしていると、住まいにはあれこれと不具合が出てきます。しかし、実際にリフォームを行おうとしても、どんな風に行われるのか不安でなかなか一歩踏み出せない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はリフォームの実際の流れについて順を追って説明し、また「株式会社AIWA匠」の『匠のリフォーム』のご紹介もします。

目的をはっきりさせる

まずは家族で、住まいの現状の問題点と、住まいへの要望にはどのようなものがあるのかを話し合い、リフォームの目的をはっきりさせるようにしましょう。その際には将来のことも考慮する必要があります。長年家族が暮らしを営む上で、家をバリアフリーにしたり、多世帯住宅にしたりする可能性があるかもしれません。

すべての問題点や要望をリストアップしたら、次はそこへ優先順位をつけ、予算に合わせてリフォームの計画の基礎を作りましょう。

情報収集しイメージする

大まかなリフォームの計画を決めたら、その後はより計画を具体的なものにするために、情報収集するようにしましょう。情報収集はWEBサイトや雑誌、カタログなど見るだけでも、たくさんのリフォームの例やインテリアやデザインのサンプルを得られます。ただ、実際に目で見て、使う時の感じをしっかりとつかむためには、ショールームやインテリアショップなどに行くことをおすすめします。

リフォーム会社に相談

事前の現場の調査からおおよその見積もりを作成するまでは無料のリフォーム会社がほとんどなので、納得して依頼できるところを選ぶまでは、何社かに相談することをおすすめします。

プランの検討

家に来てもらって現場の現状や問題点、要望を把握した上でリフォーム会社が出してきたリフォームのプランが、当初のリフォームの計画にきちんと合っているかをじっくり検討するようにしましょう。追加や修正点などがあれば、この時点で修正することが可能です。納得がいくまで何度でも慎重に打ち合わせをしてから発注、実際のリフォーム工事へと移行するようにしましょう。プランの検討の際にはリフォームの内容だけではなく、完成後のメンテナンス方法などについても確認しておくと良いでしょう。

 発注・工事・引き渡し

リフォームの内容と予算、工期などのプランが納得のいくものであれば、いよいよリフォームの発注となります。リフォームの費用は決して安いものではありません。繰り返しになりますが、発注までは納得のいくまでプランの検討を行うようにしましょう。リフォームの内容によっては、工事が開始する前に仮住まいへの引っ越しをすることが必要になるかもしれません。その場合は仮住まいや引っ越しにかかる費用や、トランクルームのレンタル料などもかかる場合があるので注意が必要です。

工事が始まると騒音やホコリの問題が起きる場合があります。事前にご近所に説明と挨拶を済ませておくようにしましょう。また、マンションの場合は管理員にも説明しておくようにします。工事が始まってもできるだけ自分でも進捗の状態を確認するようにします。使用材料や機器が、指定通りのものが使われているかのチェックが必要な場合もあるかもしれません。

工事が終わって引き渡しが行われる際には、工事がプラン通りに行われているかどうかを担当者立ち合いのもと確認しましょう。この時点で不具合が見つかった際には、代金支払いの前に直してもらうようにします。

建築を知り尽くした一級建築士と地元職人が一つになって施工する『匠のリフォーム』

『匠のリフォーム』では、注文住宅会社のノウハウに通じた一級建築士と、技術と経験が確かで、誠実な棟梁が力を合わせてリフォーム工事を行います。職人さんは自分たちの仕事に誇りをもって取り組むことでしょう。また、お客様との打ち合わせには感性豊かで技術的な知識の豊富なスタッフが窓口となり、誠意を持ってさまざまなご提案をしていきます。

「株式会社AIWA匠」では、お引き渡し後に施主様が安心して暮らせるよう、定期訪問を重ねてお住まいの安全管理を徹底してまいりました。アフターケア記録帳を持参したスタッフがお客様のもとを笑顔で訪問いたします。

「株式会社AIWA匠」では、おかげさまで塩尻市から『耐震改修工事の優良評価』を頂きました。今後も技術力・提案力を磨き続け、お客様に満足いただけるリフォームを目指していきます。

まとめ

「株式会社AIWA匠」では、設計・施工からアフターケアまで、お客様とともに、「経年美化」を目指した家づくりを考えている会社です。新築後の外構リフォームや、家を長持ちさせるための水回りや外構などの定期的なリフォーム、災害や老朽化による破損部分の修繕など、さまざまなシーンでのリフォームも提案しています。