• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

お家の印象を決定づける外観デザイン。おしゃれな外壁ってどんなもの?2

お家の外観の大部分を占める外壁デザイン。
前回は外壁の配色やサイディングが重要だとご説明いたしました。
今回はこれらをより細かく見ていきましょう!
 
・調和の取れた配色とは?
簡単にご説明すると、違和感を感じさせない配色が調和の取れたデザインということが可能です。
お家の配色は1色か2色で行われることが多く、色が多すぎると散らかった印象を受けてしまいます。
また、あまりにもかけ離れた色を組み合わせると人は違和感を感じてしまいます。
赤と青で塗られたお家を想像すると少し目がチカチカしてしまいそうですね。
 
基本的には白やグレー、黒などの無彩色と有彩色、もしくは同系統の色を組み合わせたデザインが一般的となっています。
 
かけ離れた色同士を組み合わせる場合には「セパレーションカラー」と呼ばれる差し色を間に挟むことで調和が取ることが可能です。
例として先程挙げた赤青のお家をイメージしてみましょう。
セパレーションとして白色を間に挟んでみると、トリコロールカラーのようなバランスの取れたお家が想像できませんか?
 
このように、色と色の組み合わせには様々なテクニックが存在します。
配色についてはそのお家の個性を引き出す手段でもあり、お家の印象を決定づけるポイントです。
しっかりと調和が取れているか確認しつつ、自分だけの個性を考えてみましょう!
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)