• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

高収益、高利回りの簡単な法則

法則に基づいて建てた家は、無理なく収益が上がります。 収益を上げるものには、必ず損をするか、得をするかに、 分かれるポイントがあります。これを経営的には、 損益分岐点といいますが、太陽光発電付き住宅も、 それを掴んでおくと損せず、利益が大きくなります。 例えば、飲食店の経営でも、何人来店して、いくら 売上がないと赤字になる、というラインがあるのと 同じなのです。 利益を大きく上げるには、売上と粗利益を大きくして、 毎月の支払い経費をできるだけ少なくすること、その差が 利益と利回りとなる。 例えば、ある工場で工作機械を購入して、その生産で利益 を上げようとしても、機械が故障続きでは、その工場は 赤字になってしまう。 この機械をつかえば生産効率が上がって、いくら利益が上がります。 という、機械メーカーのシュミレーションの通りにはいかず、利益が 上がらない。家も同じです。太陽光発電を屋根に載せても、設置方法が 悪いと雨漏りがします。太陽光発電の3大クレームのひとつです。 屋根の修理代とメンテナンス費用がかかって、利益どころではない。 発電パネルメーカーだけのシュミレーションで、損益を算定すると 危険であり、屋根の葺き方や、電力の使い方、発電量まで含めた 知識と技術を元にして考えることが大切。 法則に合っているかどうかチェックすることで、将来的に収益が上がり トラブルを未然に防ぐことができる。知識が豊富な業者を選ぶことも もちろん重要です。 太陽光発電は、地域や家族構成などの諸条件によって、収益は多少 違いますが、大きなポイントは変わりません。次回チェックポイントを ご紹介致します。