• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

快適な睡眠と照明の関係性②

 前回に引き続き、快適な睡眠と照明の関係についてです。

人間は、sun太陽が昇り朝日を浴びてeye目覚め、昼の明るいうちに活動をして、moon3夜暗くなるとsleepy眠くなるのが

自然な習性としてあります。これは、生体活動のリズムとしてインプットされています。

人間の活動と光は大きな関係があります。

夜でも多くの光を浴びる現代環境において私たちの生体活動のリズムは乱れ、不眠や、それに伴う体調不良などを引き起こしています。

ですから光を効果的に使用することにより、生体活動のリズムを整える事は、ストレスを軽減するためにも非常に重要なことなのです。

 

 sun活動的になりたいときは

impact自然の光では昼間の太陽の光

flair照明の明かりでは①高い位置からの光、②青白い光(昼光色)

 交感神経を刺激 活動を促し緊張させ活動モードに

 nightリラックスしたいときは

impact自然の光では夕日の色

flair照明の明かりでは①中間の位置・低い位置からの光②オレンジ色の光(電球色)

 副交感神経を刺激 リラックスモードに

 

 最近は1つの照明でも昼光色、電球色の切り替えが可能なものもあります。

照明の色にもこだわることが健康につながりますよ。

 

 日中はsun猛暑coldsweats02でしたが、今日はshine七夕shine night夜も晴れそうですね、

今夜は照明を消して星を眺めましょう。リラックスして快適な睡眠をとれると思いますよ。

 みんなの思いが天に届いて願いがかなうとよいですねhappy01   byfootnishidafoot confident

 

house塩尻市、松本市、安曇野市、岡谷市、山形村、朝日村で新築、リフォーム、不動産の事でご検討中の皆様、

                                      是非、アイワショウにご相談くださいheart04