• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

子育てのしやすい家〜個室編〜


夫婦二人だけなら特にマイホームの必要性を感じない方でも、子どもが生まれて家族が増えると、やっぱり一戸建てのマイホームの購入を考える方は多いことでしょう。

そうした場合、一番には子育てのしやすい家を考えますが、子育てのしやすい家とはそもそもどのような作りになっている家なのでしょうか。

子供が小さいうちは、お母さんなどが家事をしながら、必ず子供に目配りが出来る家が子育てのしやすい家だと考えられます。

それから大きくなって学齢期になると、リビングを通って子供が個室に入るような形の家だと、コミュニケーション不足になることがないので安心です。

このように家族の人数や年齢の変化によって、子育てしやすい家というものも変化し続けるので、出来るだけその時々に応じた柔軟性を持つ家造りが重要になります。

それには、子供部屋にする場所を作るだけではなく、たまには夫婦が力を抜いてほっとするための部屋として、大人用の部屋も作ると良いのです。



また、後から仕切りをつければ個室に変更出来るような、多目的な部屋が1つあると便利でしょう。

 

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)