• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

耐震と全面リフォームは一緒にするとお得


住宅houseに関しては、耐震補強だけに捉われず長期的視野を持って

対応をすることで、費用面においても無駄を省くことができますshine

現在、建築物に行われる耐地震構造としては、one耐震two制震three免震構造 があります。

一般的に住宅等においてはone耐震構造が多く用いられています。

しかし、築年数が長い住宅などではその対応が十分に取られていな場合が多く、

耐震化工事を行う場合もあります。

建築物に対する耐震化工事の多くは、建物構造部を補修するところから行われますが、

住宅の場合には、補強材である筋違いなどの斜材を設けるために、

内壁(場合によっては外壁)を解体することになるために大掛かりな工事が必要になってきます。

そのために、リフォームを行う場合には耐震措置も同時に行うことで、単独で行うよりも費用面において無駄を無くすことができます。



耐震措置に関しては、補強材の取付にはそのほとんどは床や壁、天井といった部分の撤去が必要となりますが、

リフォームと併用して行うために施行に関しても精度の高いものにすることができ、場合によっては金物補強や合板による補強も完璧にできるようになります。

 

 

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)