• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

雰囲気を変えたいときは照明を変えましょう

20151223162039.jpg

 

照明というのは、部屋が明るくなれば良いというものではありません。

なぜならば、色合いを変えるだけで、部屋の雰囲気はガラリと変わるからです。

雰囲気が変わるのはケルビン値という色から感じる温度を示す数値が影響していますflair

ケルビン値が昼間の太陽くらい高い昼光色は、
 

白っぽい光ですっきりした明るい印象を持ちます。

それより日没くらいの明るさに近いくらいに低い電球色は、
 

暖色系の温かみのある色を作り上げます。

この特性を生かして、部屋によって証明の色を変える工夫ができるupのです。

例えば寝室は電球色を配置することによって、
 

眠りに必要なリラックスconfidentsleepyした雰囲気を演出することが出来ますし、
 

勉強pencilや読書bookのように集中力thunderが必要な場所は、覚醒効果がある昼光色にすると効果的です。

さらに、色合いに合わせて照明器具自体を変えるという考えもできます。

寝室で電球色の照明を設置するのであれば、天井から光が降り注ぐシーリングライトではなく、

 

間接照明となるライトスタンドにすると良いでしょう。最近のLEDシーリングライトは、光の強弱だけでなく、
 

色合いも変えることができるので、同じ照明器具でも部屋に合わせた色を設定することは簡単ですよ。



 

 

長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)