• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

バリアフリーリフォームで気を付けることとは


高齢になっても住み慣れた自宅houseで、一日でも長くshine生活できるようにしたいものですcatfacecherryblossom

そのためには、自宅をバリアフリーリフォームすることが、高齢になっても暮らしていく

一つの方法となりますflair

バリアフリーリフォームは、日々の生活で妨げとなる、障害物をなくすために行うものribbon

依頼する際には、下記のことに気をつけましょうflairshine

例えば、廊下やトイレ、浴室など、さまざまな場所に取り付ける手すりの高さです

手すりの高さの位置が変わるだけで、身体への負担は違います。

また、キッチンや洗面台は車いすを使うときのことを考えて、

 

下部に車いすwheelchairが入るスペースを設けるといいでしょう。

さらに、玄関doorの入る前、後の段差をなくすようにしたり、階段の段差を低くする工夫をすることも大切になりますnote

高齢になると下半身が衰えて、歩くときの歩幅が狭くなり、足を上げる動作が

困難になってきます。

転倒を防ぐためにも、段差を解消することがsign01重要sign01です。

バリアフリーリフォームをお考えの方は、お気軽にご相談くださいrock

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)