• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

若山牧水

私が住んでいる 塩尻市広丘高出という場所は

人口が年々増加しているup 便利な田舎です。

 

常会制で、その常会を取りまとめる 『長』 として、

区長さんがいます。毎月2回配布される広報の中に

我が地区のかわら版も入ってきます。

 

少感多感というコラムがある。とても興味深いことが

書かれている。その一つに 牧水について書かれていたものを

引用させていただくと、牧水が日向の生まれで旅と酒と女性を

こよなく愛する人だった。千本松原の風景が気に入りここに

居を構え、43歳で この地で亡くなっている。

 

一日一升という大酒が主因だったらしいが、彼に後悔は微塵もない

彼ほど純粋無垢も珍しいそして無類の寂しがりやだった。

酒を友とし牧水の世界に浸ったのであろう。東京の太田水穂邸で当時の太田喜志子に

逢い再開後求婚し、3ヵ月後に太田負債の仲人で結婚している。

牧水が塩尻とかかわりがあることに 驚き感動しておりますbook

 

若山牧水が身近に感じられ、また若山文学に触れてみたくなた人は

きっと私だけではないはずです。