• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

子ども部屋のリフォームで意識することは?


子どもの成長はとても早いですよねcat

その時々の年齢に合わせたお部屋作りをしなければなりません。
そこで今回は、子ども部屋のリフォームで意識するポイントをご紹介しますshine

まず、子ども部屋は収納を意識します。
子ども部屋は物が多くなりがちで、リビングや廊下まで出ていることがあります。
子どもの成長と共に服装も変わります。小さい頃は畳んで収納にしまえる服が多いですが、

大きくなるとハンガーやラックに吊るして収納する服が多くなります。
子ども部屋の収納をリフォームする際は、クローゼットの棚板は上下に動かせるものにして、

ハンガーパイプも棚板と一緒に動かせるものにしましょうnote

また、暗い部屋だと子どもが部屋に引きこもる問題もあります。
光を多く取り入れられるように窓を大きくつけると、風通しもよくなりますし、気持ちよく過ごせますよ。

役割を終えた後の事も意識しましょう。
子どもが独立した後に、そのまま子ども部屋として残しておくのではなく、

趣味の部屋や書斎にするなど、新たな役割を持たせることを意識します。
そのためには、家具を分解・移動できる物にすると良いでしょうtulip

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください。