• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

松本市在住の方へ!注文住宅で使われる照明について紹介します!

「注文住宅を建てたいが、照明はどうしたら良いだろう」
このように悩んでいる方もいらっしゃると思います。
照明は消耗品ですが、できるだけ損はしたくないですよね。
そこで今回はよく使われている照明を3種類紹介します。
松本市で注文住宅を建てたい方はぜひご覧ください。
 
□照明の種類について
 
*白熱ランプ
 
白熱ランプは住宅の照明として広く使われていました。
白熱ランプという名前ですが、光は赤みを帯びていて温かみが感じられるでしょう。
スイッチを入れるとすぐに点灯し、照明の点灯と消灯を繰り返しても寿命が縮みにくいのが特徴です。
また、安く手に入るため、お財布にも優しいでしょう。
 
しかし、電気代が高く、寿命も他の照明と比べると短いため、ランニングコストまで考えると費用がかかる可能性があります。
短時間だけ点灯する場所に使用することをおすすめします。
 
*蛍光ランプ
 
蛍光ランプは学校やオフィスで良く使われている照明です。
光の色は赤みを感じられる電球色と、白っぽい色の昼白色の2種類があります。
 
蛍光ランプの中でもスターター方式は点灯までに2、3秒ほど要します。
しかし、現在広く使われている高周波点灯式方法ではスイッチを入れるとすぐに点灯するでしょう。
価格は種類によりますが、丸管や直管タイプは比較的安いです。
また、電気代は安く済み、寿命も白熱ランプよりも遙かに長いため、コストパフォーマンスに優れている照明と言えます。
 
*LEDランプ
 
LEDランプは近年注目されている次世代の照明と呼ばれています。
光の色は蛍光ランプのように、複数の色味が存在します。
 
点灯までの時間は短く、繰り返し点灯しても寿命に影響しにくいでしょう。
ランプの形は電球型のものや、蛍光ランプのような直管型ランプがあります。
そのため、今まで白熱ランプや蛍光ランプを使っていた場所にそのまま差し替えて使用できます。
 
LEDランプは電気代が安くなり、寿命も蛍光ランプよりもさらに伸びているため、一度替えるとしばらくは取り替える必要がないでしょう。
電球交換がしにくい場所の照明として使用することをおすすめします。
しかし、価格が高いという問題を抱えています。
一度に出ていくお金が大きいことを負担に感じるか、長期的に見て電気代を多く支払うのか、どちらが良いのかしっかりと考える必要があるでしょう。
 
□まとめ
 
今回は注文住宅でよく使われている3つの照明について紹介しました。
どの照明もメリットとデメリットがあるため、ニーズに合った照明を選ぶことが大切です。
松本市で注文住宅を建てたいと考えている方はぜひ当社にお任せください。
お客様の理想を叶えるお手伝いをさせていただきます。
お問い合せお待ちしております。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)