• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅における動線を意識した間取りの考え方について

「注文住宅において間取りはどのように考えていくのが良いのだろう?」
注文住宅を建てる際には間取りについても考えることになりますが、最適なものを想像することは難しいものですよね。
そこで今回は、間取りを検討する上で知っておきたい動線の考え方についてお話していきます。
 
□動線を踏まえた間取りについて
動線というのは家での動きの道筋を指し、主に家事動線・回遊動線・収納動線などがあります。
それぞれについてみていきましょう。
 
*家事動線を意識した間取り
たとえば洗濯をする際には、洗濯物を洗って干してその後収納するという流れがありますよね。
一日に何度も行うものではありませんが、それでも洗濯物を持って階段あるいは長距離を移動するような間取りにしてしまうと負担が大きくなってしまいます。
そこで洗濯機のある部屋と干す場所を近くに配置するという工夫が大切です。
そして衣類を収納するにあたっては個々の部屋でも構いませんが、動きの効率化を考えると干す部屋の近くに大きめのクローゼットを設けてまとめてしまえるようにしておくと良いかもしれません。
 
*回遊動線を意識した間取り
家事はすることが多いですし、特に朝方は家族全員が動き回ることになるので、なるべくそれぞれが邪魔にならないようにしたいですよね。
そこで取り入れることをおすすめしたいのが、回遊動線です。
回遊動線とは、ある場所から歩いたときに同じ道を二度通ることなく元の場所に戻れるような道筋のことです。
これを満たすためには一つ部屋に二方向の出入り口を設けておくことがポイントになります。
たとえばキッチンの奥に出入り口を設置して洗面台に移動できるような間取りにしておくと、キッチン側からも別方向からも入ることができます。
そのため、他の部屋にいくのに遠回りすることが少なく成りますし、他の家族が同じタイミングで動いても邪魔になりにくいのでお勧めです。
 
*収納動線を意識した間取り
日々の生活で使うものやご家族が趣味にしているものなど家の中に置いておくものって色々とありますよね。
そういったものを収納できる場所ももちろん必要なのですが、どの位置に設置するかを考えることが大切です。
たとえば、子供の遊びや勉強に使う道具は子供用スペースの隣に、アウトドアの道具であれば玄関にといったように使用する場所のすぐ近くに置いておくことで使ってから収納するまでと取り出す際に無駄な手間がかかりません。
散らかる可能性が減る収納動線を意識した間取りづくりもおすすめです。
 
□最後に
今回は、間取りを検討する材料となる動線の考え方についてお話いたしました。
家事は毎日行うものですから、少しでも快適に動けるように間取りを考えたいものですよね。
建売住宅になると既に間取りが決まってしまっているためご自身の希望に沿うものが見つからないかもしれません。
注文住宅であれば自由に決めることができますので、より機能性の高い家づくりを実現するためにご検討されることをおすすめいたします。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)