• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅を建てる際に行っておきたい、資金計画の立て方

注文住宅を購入する時は多くの資金が必要になるので、資金計画を立てる事は重要です。
家族構成などによってライフスタイルも変わってくるので、将来の出費を予想して日頃の支出が増えても問題ないような計画の立て方をしないといけません。
 
住宅の購入費は高額なのでローンを組んで購入する人も多いですが、少しでも多くの頭金を入れる事で利息で支払う額が少なくなって、総支払額が減らせるのでできる限り自己資金を用意すると良いです。
ローンを組む時は金利の種類を選べますので固定金利か変動金利のどちらかを選択する事になります。
 
将来の金利を正確に予測する事ができない以上どちらが得とは言えませんが、選択した金利から総支払額を予測して資金計画を立てないといけません。
特に変動金利の場合は固定金利と比べて総支払額が不透明なので、余裕を持った計画が必要です。
 

戸建の注文住宅では分譲マンションを購入した時のように毎月決められた修繕費を積立てる事を強制されません。

強制されないだけで修繕費用が必要ないわけではないので、ローンの支払いをしながらも将来やってくる修繕に備えて資金を用意しておく必要があります。

修繕費として必要になる金額の平均額を参考にして平均よりも多少金額が高くなっても対応できるように資金の準備をしておくと良いです。それと同時に保険等も住宅に入居する前に選んで契約しておくべきです。

長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)