• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅と建売住宅!それぞれの違いを把握しよう!

新しい住宅の購入を検討されている方にとって、何を基準にして住宅選びをすればいいのか悩んでいる方は少なくありません。
 
住まいの購入を判断する基準とする際に重要になるのが、「注文住宅」と「建売住宅」の二つです。
そこでこの二つの違いやそれぞれのメリットやデメリットをご紹介します。
 
注文住宅はユーザーの好みを建築時に反映できる事が可能で、建売住宅は完成品を見て購入を判断する事が可能という特徴があります。前者の場合は家を立てる土地探しから始める必要があり、土地探しを入れた住宅の購入プランを立てる必要があり、時間がかかりやすくなりますが自分の気にいった場所に家を構えることが出来るので、満足のいく住宅を立てることが出来るメリットがあります。
 
後者の場合は住宅と土地が付いてくることから、立地面とセットで住宅選びをすることが可能なので、気にいった地域で建売住宅の販売をしていれば、入居後のイメージを立てやすくオーソドックスな家選びをすることができます。
 
反面注文住宅のデメリットは土地から選ばなくては行けないので、完成するまでに期間とコストがかかりやすくなります。自分の希望通りの家にする事は高額費用がかかりやすいので、ある程度妥協をする必要があります。
 
建売住宅のデメリットは、既に完成している状態で購入するため、希望する設備を入れることができなかったり信頼のおける施工会社を自分で選ぶことができません。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)