• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

見ないと損!!注文住宅におけるコストダウンのすすめ 〜既製品編〜

「家の構造もデザインもコストダウンを考えたし、もうやることはないだろう。」
それがなんとまだまだあるんです。コストダウンは考えだしたらきりがないのです。今回はその中でも既製品を利用したコストダウンをご紹介いたします。
 
・木製建具は既製品を利用する
まず、建具(たてぐ)という言葉はご存知でしょうか?
建具とは、部屋のしきりや外部とのしきりに用いる、開け閉めすることのできる可動性の障子・襖・窓・戸などの総称です。
部屋にあったオーダーメイドの木製建具を作ってもらうとなると、結構な額の出費となりますので、建具にこだわりが無い場合は既製品を購入しましょう。
 
 
・畳
畳にも種類があります。昔ながらの稲藁を利用した畳は現在では1畳で何万円もする高級なものとなっています。注文住宅を建てる際に、畳にこだわりたいのなら高級畳を使うことは良いと思います。
しかし、畳にこだわりの無い場合、藁を使わない建材畳床の縁つき畳などは1畳1万円ほどで購入できますので、コストダウンが可能です。
 
いかがでしょうか。
冒頭にも述べましたが、コストダウンは探せば探すだけ出てきます。
しかし、安ければ良いというものではありません。
初期投資を抑えようとするあまり、建てた家に住んでみて不満に思うことが出てきたのでは本末転倒です。
 
建築家の方としっかり相談して、金額的にも内容的にも満足のいくあなただけの家を建てましょう。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)