• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

建築屋さんの不動産部

こんにちはTMの山田ですup

 

弊社には不動産部があります。
そもそもですが工務店と不動産屋の違いは面白いです。
 
今の時代のよく勉強している工務店の作る家はとっても良いです。
設計力やデザインもそうですが、断熱性、耐震性、温熱環境、自然環境などに配慮し
長く快適に住める家を作ろうとしています。
 
 
不動産屋を本業としている業者の売る家や、大手ハウスメーカー、不動産屋の下請けを生業としている工務店の作る家の多くは、
一にも二にもお金勘定から出来ている。いくらで作り、いくらの利益を出すのか。だけです。
家は人が快適に住み、暮らすための建物という感覚ではなく、今流行りのコト売り、ライフスタイルやイメージ、デザインを広告媒体とし、
イメージ良く、安く作り、安く売れるように不動産という商品にする。
基本的に不動産屋は土地の金額があり、そこに足し算で建物(家)の金額をのせる。そして、総額でいくらになるのか、住宅ローンは組めるのか、それだけ。
家なんか中古になれば皆同じ。価値なんかない。だから安くていい。
とにかく、土地の価格がありきだから、買える金額、売れる金額で建物を作らないとダメ。だから、多くの場合最低の家になる
 
 
真面目に勉強しているイシンホームの作る家は、後者の不動産屋の作る家に比べ、とても高付加な建物になる。いわゆる注文住宅というもの。
当然不動産の広告、表には出てこない、様々な高性能、快適性、住み心地といった目には見えない、また、数値では表せないものにお金を掛けて作る家。
家を単なる不動産という消耗品の家、商品と考える人のそれとは全く違う。それを同じ土俵で比べることはできない。
 
残念なことに、未だに後者の常識しか持っていない人も多い。しかも、そんな不動産を仕事として少しでもかじった経験のある人は、
今の時代の進んだ考え方を持った工務店たちの作る家を知らないから、無知なことも言う。
 
そんな中、建築屋がする不動産事業は不動産に高付加価値をつけてより良いものにする。そんなことが可能です。大きな違いです。
 
 
 
新しい住まいを検討されるとき、どうしていいのかわからずに不動産屋さんに行ってもダメなのです。
 
 
 
家と土地のバランス。快適な家。ローン返済どころか子供が大学進学の際に困らない提案をできるのがAIWA匠です。
 
 
我々は関係する方々の人生を良くしたい。そんな不動産部をもった建築屋さんです。
 
 
 
松本 塩尻 岡谷で自然素材を使った新築 リフォームを検討の方はAIWA匠へ!