• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅の失敗ポイントって?音の伝わり方編

こんにちは、AIWA匠です。今回は、音の伝わり方についてお話ししたいと思います。
 
■音のせいで人生悩みたくない!
やっとのことでマイホームを建てた後に、今まで気づかなかった音の響きや、音漏れに気付いた時、これから先ずっと音の問題で頭を悩ましたくはないですよね。
特に2階の子供部屋から走り回る足音、近隣の住宅からの音漏れ、屋根の雨音など、音の伝わり方は様々で、極力避けたいものです。そのためには、事前に設計段階で防ぐ必要があります。
 
■音を伝わりにくくするにはどうすれば?
音の伝わりを防ぐ方法として、まず挙げられるのが、防音パネルや吸音パネルを壁や屋根に貼り付けることです。また間取りに工夫を与えることで、音の響きを多少抑制することもできます。例えばリビングの真上は子供部屋ではなく主寝室にすることで音の響きを抑えることができます。
 
これらはあくまで参考ですが、音の伝わりを防ぐ方法は上記以外にもたくさん存在します。
音のせいでこれから先悩まない為に、必ず設計段階で音対策に対して慎重に検討してみてください。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

 

長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)