• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅の失敗ポイントって?|不要な設備編

こんにちは、AIWA匠です。
前回は、家で実際に暮らしてみた時のニオイをイメージしながら設計に生かす必要があることについてお伝えしました。
今回は、不要な設備の失敗についてご紹介します。
 
以前、モデルハウス訪問などを通じて、理想の注文住宅に対するイメージが良すぎるというお話しをしました。
せっかくの注文住宅ということで、自分の身の丈に合わない設備を導入してしまい後々後悔してしまうといった失敗談はよく聞かれます。
 
代表例としては、照明器具などが挙げられるでしょう。おしゃれな照明器具に憧れて設置したのは良いものの、そもそも日当たりが良かったので使用頻度が少なかったなどの例が挙げられます。
このような不要な設備を設置してしまわないための対策としては、まずは勢いで決断してしまわないことが重要です。
 
実際に生活をし始めた時に使うのか、また、その頻度をイメージして設備を考えてみましょう!
 
いかがでしたか。
必要な設備だけを注文住宅に導入することで、費用も削減することに繋がるのではないでしょうか!さて、次回は生活環境の失敗についてご紹介します!
長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)