• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

民間住宅ローン、「変動金利型」「10年固定型」減少

住宅金融支援機構は、2015年度「民間住宅ローンの貸出動向調査」結果を発表しましたeyesign01

15年9月8日〜10月30日の期間、民間住宅ローンを取り扱う金融機関333機関に対し、アンケート調査を実施。

回答数は308件。

新規貸出額の金利タイプ別構成比は、「変動金利型」が54.7%(前回調査比3.5ポイント減)と減少。

「10年固定型」も減少して19.8%(同4.0ポイント減)となりましたthink

一方、「5年固定型」は7.3%(同4.4ポイント増)と増加。

今後重視する商品特性については、借換」が64.1%(同3.8ポイント減)となりました。

地域政策連携型」は11.0%(同5.8ポイント増)、「子育て支援型」は10.6%(同1.7ポイント増)と増加。

金融機関が懸念する住宅ローンのリスクは、「金利競争に伴う利ざや縮小」が95.4%(同2.5ポイント増)が最多。

次いで「他機関への借り換え」が59.8%(同4.3ポイント増)、「中長期的な採算性悪化」が56.5%(同1.9ポイント減)となりました。

 

長野県 塩尻市 松本市 安曇野市 岡谷市 茅野市 諏訪市

新築 注文住宅 自然素材の家 リフォーム 不動産情報は

AIWA匠へお任せ下さい!