ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市の方へ!注文住宅でおすすめの窓ガラスについて紹介します!
お役立ちブログ

松本市の方へ!注文住宅でおすすめの窓ガラスについて紹介します!

注文住宅を建てる際に、窓ガラスにもこだわる方は少ないかもしれません。
しかし、目的に応じた窓ガラスを使用することで、より快適な生活が送れることをご存じですか。
そこで今回は、松本市に在住の方へ、窓ガラスの目的と種類をご紹介します。
 
□窓ガラスの目的とは
 
ふさわしい窓ガラスを選択するためには、窓を作る目的を明らかにする必要があります。
窓を作る理由がはっきりしていると、窓ガラス選びも簡単になるでしょう。
窓の目的には、主に採光、断熱、デザイン、防犯の4種類が挙げられます。
 
採光とは、外の日の光を室内に取り入れることです。
法律でも、採光のために、一定の大きさの開口部を設置することが義務づけられています。
その義務を果たす手段として、窓を設置することが多いため、採光は窓の大きな目的の1つと言えるでしょう。
 
断熱とは、外気の影響を受けにくくすることです。
外気の影響を受けにくいと、夏の暑さや冬の寒さを和らげられます。
窓ガラスの中には、断熱効果の高いガラスもあるため、窓ガラスの特徴を押さえることが大切と言えるでしょう。
気密性も窓ガラスごとに変化するため、比較検討することをおすすめします。
 
デザインは、見た目を重視するため、おしゃれな外見にできます。
一方で、掃除がしづらい、替えが見つかりにくいデメリットもあります。
 
防犯面は万が一、泥棒が窓ガラスを割って侵入しようとしたときに、割れにくい加工が施された窓ガラスを採用するケースが多いでしょう。
 
□窓ガラスの種類とは
 
*フロートガラス
 
フロートガラスは、採光性に優れているため家の中を明るく照らしてくれます。
また、フロートガラスには、表面が平らで歪みが少ない特徴があります。
さらに、安価で加工もしやすいため、多くの建物で使用されている一般的なガラスです。
ただ、色つきや厚みがある場合は、取り寄せになる可能性があるため注意しましょう。
 
*合わせガラス
 
合わせガラスは、特殊なフィルムを2枚のガラスで挟むことで、耐久性を向上させたガラスです。
耐久性を上げたことでガラスが貫通しにくくなるため、防犯対策が可能です。
窓の突破に時間がかかると、侵入者は諦めるケースもあるため、割れにくいガラスは非常に有効と言えるでしょう。
 
また、フィルムの厚さや性能が異なると防音ガラスや防炎ガラスにもなります。
 
*Low-Eガラス
 
当社では、このLow-E複層ガラスを採用しています。
Low-E複層ガラスは、赤外線を反射させ熱を通しにくい特徴があります。
そのため、断熱性に優れたガラスと言えるでしょう。
 
夏には、外部の熱気が室内に伝わりにくくなり冷房の効率が上がります。
また、冬は、室内の熱を逃がさないため暖かさを保てます。
これらのことから、快適に生活を送りたい方におすすめです。
 
□まとめ
 
今回は、窓ガラスの目的と種類の紹介をしました。
窓ガラスにも複数の目的があり、目的に適した窓ガラスがあることがお分かりいただけたと思います。
注文住宅を建てる際は、窓ガラスにもこだわってみてください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2239

ページ上部へ