ホーム家づくりブログ

家づくりブログ

新築購入予定の方へ|土地にかかる税金、固定資産税を解説します

住宅や土地の購入には何かとお金が必要になり、どこに何のために支払うのかややこしいですよね。
そういった土地や住宅に関わるお金の一つに税金があります。
税金は、国に納めるお金や自治体に納めるお金、それぞれにかかる税率の違いがあり、きちんと理解されている方は多くないように思います。
そこで今回は、土地にかかる税金である固定資産税についてご紹介します。
 
□固定資産税とは
住宅や土地などに毎年かかる税金に、固定資産税があります。
皆さんの中にも、名前を聞いたことはあるという人は多いと思います。
これは、指定された資産を所有しており、その年の1月1日時点で所有者に当たる人に課税される税金です。
 
納税が始まるタイミングとしては、土地を購入した翌年から納めなければなりません。
この税金は各市町村に納める税金で、土地でしたらその土地のある市町村に納めることになります。
ここまでが大まかな概要になります。
 
□納税金額
次に気になるのは、その納税金額ですよね。
固定資産税は定額を納めるのではなく、計算式から導き出された金額を納税する形になります。
その計算式とは、土地の価値を表す評価額に1.4%の税額をかけるという方法です。
 
ですので、例えばあなたが1000万円の土地の価値のある土地を購入した場合は、翌年から14万円の税金が発生することになります。
そういった面では、消費税にも似た面があるかもしれませんね。
 
また、固定資産を評価して求めた金額を課税標準額といいます。
これは、固定資産課税台帳にもとづいて決定されます。
この価格は、3年に1度見直しが行われるという点も覚えておきましょう。
 
□手続き
税金と言うと、役所に行ったり、いろんな書類を書いたりと、なんだか面倒な手間がかかりそうといった印象がありますよね。
では、手続きの有無について見ていきましょう。
 
結論から申し上げると、固定資産税に関しての手続きは特に必要ありません。
住宅や土地を購入すると、登記所に申請することになりますが、この登記所から各市町村に連絡が行われ、税額の計算が行われます。
ですので、この税金のために手続きや申請は必要ありません。
 
□おわりに
今回は、土地や住宅に関係する固定資産税について解説しました。
税率は1.4%ですが、それでも土地の価格によっては大きな金額になります。
 
自分が払う税金がどのような仕組みなのか知ることは、とても大切です。
今回ご説明した内容をぜひ覚えておきましょう。
 
長野県塩尻市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

交通安全・完成見学会告知!

こんにちは!
営業の横内です!

先日、保育園で行う子供の交通安全イベントに行って参りました。
来年から小学校ということで就学前の交通訓練を親が後ろからついていくというものでした。

普段、なかなか道を歩いて行動する習慣がないもので見てるとハラハラしましたがなんとか無事終えることが出来ました。

営業で外回りをしているとやはり子供や自転車に乗っている方などに気を使います。
常に無事故無違反を心掛けたいものです。

さて、来週末の
10月20日21日には塩尻市・安曇野市の2会場同時完成見学会を開催致します!

どちらも30坪強の一番人気のある大きさの住宅となっております!
太陽光10.8kw搭載で売電収入でローンの手助けをしてくれます!

ただ今、先行予約受付中ですので是非ともご参加下さいませ!

安曇野市・松本市・塩尻市にて新築をご検討の方はAIWA匠まで!

耐震工事

こんにちはTMの山田ですup

 

和瓦をガルバリウム鋼板屋根に葺き替えします。

2018101323197.jpg

和瓦は品格や耐久性において非常に魅力なのですが、

1981年の改正建築基準法以前の建物では屋根材に見合った構造が義務化されていませんでした。

壁量、梁強度、強固な基礎の上に成り立っていないのです。

建築士が学ぶ構造力学の計算式の中で「壁量計算」と呼ばれるものがあります。

この計算式では地震に耐えることができる建物の壁量を求める際

まずはじめにチェックするのは「屋根の重さの係数」です。
 

屋根の重さの係数は、屋根材の種類によって変わります。和瓦と金属屋根は分類されています。

言うまでもないことですが、屋根を軽くすることで耐震性能が改善します。
 

「屋根の葺き替えによる屋根の軽量化」は代表的な耐震改修方法のひとつとして大きな手法となります。


 


 

松本 塩尻 岡谷で自然素材を使った新築 リフォームを検討の方はAIWA匠へ!


 

 

現場新築工事

2018101215933.JPG

こんにちは田中です

松本市の現場の基礎状況です

新築・リフォームのご相談は是非AIWA匠までご相談ください

 

今日は上着が必要なくらい寒くなりましたねmaple

先日我が家の庭の植木鉢の中からカエルが跳び出てきましたdash

何回か見かけたことのあるカエルで、どうやら家に住み着いているようです。

2018101215347.PNG

色は気持ち悪いshockけど、なかなか可愛いので思わず写真を撮ってしまいましたcamerashine

しばらく息子と観察していましたが、草の中にいそいそと隠れてしまいました。

いよいよ寒くなってきたから、かえるもそろそろ冬眠の準備を始めることでしょうsnow

寒いのが苦手なので、私も冬眠したいsign01と思う相澤でしたpig

 

塩尻市・松本市・安曇野市で新築・リフォーム

不動産のご相談は、是非“AIWA匠”へheart04

 

 

 

松本市で注文住宅を建てる方必見|土地の選び方の基準を徹底解説

住宅を建てるための土地選びは、非常に重要ですよね。
どんなところに住むのかという点は、生活の質にも関わってきます。
この記事では、土地選びの重要な基準と見るべきポイントをご紹介します。
 
□土地選びの基準
まずは、どのような基準で土地を判断すると良いのかについてご紹介します。
 
*価格
できれば自分の理想をすべて詰め込んだ理想の土地に住みたいですが、それにはお金という制約があることが多いです。
家を建てるための土地に、ほとんどの資金を使って、家を建てるための費用が足りなくなってしまっては本末転倒です。
どれくらいの金額までの土地を購入するのかは重要な基準です。
 
*場所
どのような場所に住むのかは、生活の利便性の面に大きな影響を持ちます。
通勤、通学に適したエリアに住みたいのか、それとも比較的静かな住宅街に住みたいのかは人それぞれです。
自分がどんなエリアに住みたいのかイメージを持ちましょう。
 
*建てたい家に合っているか
土地のある場所によって、建てられる住宅に制限がある場合があります。
例えば、火災の防止に力を入れて取り組んでいる防火地域の土地では、耐火性の高い家でないと建てられないといったことがあります。
建てられる住宅にこのような制限があると、建築費用にも影響がありますので注意が必要です。
 
□見るべきポイント
*住んでいるイメージが持てるのか
土地選びの場所は、住宅選びの場所ですよね。
ですから、自分が将来住んでいるイメージができるかどうかは大切なポイントです。
この土地に家を建てて、勤務先、学校まではこれくらいかかるといった具体的なイメージを持てるのか判断しましょう。
 
また、マイホームにはそれなりに長期間住むことになるので、将来のことも視野に入れておきましょう。
 
*快適に暮らしていけるのか
日々の生活の中で大事な点は、通勤のしやすさや周りの静かさだけではありませんよね。
どれくらいの距離にスーパーがあるのか、週末に遊べる公園やショッピングセンターなどはどこにあるのかなど、少し視野を広げてそのエリアを俯瞰してみてみることも重要です。
日々の生活が快適に送れるのかも意識しましょう。
 
□おわりに
今回は、住宅の土地選びの基準と見るべきポイントをご紹介しました。
土地選びはなかなか経験することはありませんし、家もまだ建っていないので住んでいるイメージが湧きにくく難しいですよね。
想像力を働かせて、自分に適した土地かどうかを判断することが大切ですね。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市の住宅建築業者が解説|土地の購入に必要な気になる費用とは

土地や住宅の購入には、様々なお金が必要になります。
そういった費用の種類、手続きは難しく、またあまり経験することでもないので、完璧に理解されている方は多くはいらっしゃらないでしょう。
そこでこの記事では、土地の購入に際して生じる経費や手続きについてご紹介します。
 
□購入時にかかる費用
*不動産会社に払う費用
土地の購入には、不動産会社の仲介を通す場合と通さない場合があります。
前者では、その不動産会社へ仲介料を支払う必要があります。
その金額は一般的に、土地の価格の3%です。
 
この費用には、消費税も生じるため、実際にはもう少し高い金額になります。
仲介を通さないと、このお金を節約できます。
 
*登記費用
土地を購入するときは所有権が移るため、司法書士に依頼して申請して貰う必要があります。
これを登記と言い、このために必要な費用に司法書士への報酬と登録免許税という税金があります。
手数料は6万円から8万円が一般的です。
 
*測量費
どこからどこまでの土地をあなたが購入したのか、その境界をはっきりさせるためには、測量をして面積を測ることがあります。
この測量にも費用がかかり、土地家屋調査士に測量費を支払う必要があります。
 
それとは別に、表示登記申請に関わる費用もあります。
この測量費は、売り手が負担することも買い手が負担することもあります。
 
*手数料
土地や住宅の購入には様々な仕事の人が関わります。
そういった場面では手数料が発生しますよね。
その一例に、住宅ローンを利用する際の手数料などがあげられます。
 
□購入後にかかる費用
上記で購入時にかかる費用をご説明しましたが、土地を購入した後にも費用がかかります。
 
*整備費
いざ住宅を建てようと土地を購入しても、すぐには建設に取り掛かれないこともあります。
土地によっては水道、電気、ガスといったインフラ設備が整っていない場合があります。
もちろん、これらは購入前に確認できます。
 
土地が整っていないけれど、どうしてもその土地が気に入ったという場合は、これらの費用がかかることを覚悟しておきましょう。
土地の状態によりますが、100万円を超えることもあります。
 
*固定資産税
購入した翌年から毎年かかる費用に固定資産税があります。
台帳によって定められた土地の評価額に固定税率の1.4%を乗じた金額を毎年、自治体に納税する必要があります。
 
□おわりに
土地の購入には、いろんな種類のお金がかかります。
その中には、何に支払っている費用なのかがわかりづらい費用がありますよね。
今回ご紹介した内容を意識して必要な費用をしっかり整理、理解しておきましょう。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅はいつ買えば良い?マイホーム購入のタイミングをご紹介

夢のマイホームを購入したいと思っていても、多くの方にとってマイホームの購入は人生に一度のことですよね。
そのため、いつ購入に踏み切れば良いのか、そのタイミングを判断することは難しいと思います。
そこでこの記事では、マイホーム購入のタイミングについてご紹介します。
 
□家を購入する人の平均年齢
まずは、他の人がどんなタイミングで家を購入しているのか参考に見ていきましょう。
住宅の購入は非常に費用がかかります。
ですので、多くの人は30代から40代の生活、仕事が安定してから購入される傾向があります。
 
実際の数値ですと、平均的な注文住宅の購入年齢は40.2歳、30代40代を合計するとおよそ7割以上の人がこのタイミングで住宅を購入しています。
 
□お金も重要なタイミング
年齢も注文住宅購入のタイミングを決める上で大切ですが、それよりも大切なのがお金ですよね。
多くの場合、ローンを組んでコツコツ支払いをしていくことになりますが、このローンを組むためにも収入がないと認められません。
 
昔であれば、住宅購入のための金銭的ハードルが高かったですが、最近では年収が300万円以上で家を購入するという方も多くおられます。
自分がどのローンを利用するのか、そのために必要な収入があるのかを知ることで住宅購入のタイミングを判断しやすくなります。
 
□いつまでに購入するべき?
家の購入はさきほどもあったように、ローンで支払うことが一般的です。
有名なローンであるフラット35に代表されるように、ローンは数十年かけて支払いしていくことになります。
住宅ローン自体は80歳まで組むことが可能ですが、返済に長期間かけられないので一度の支払金が高額になります。
長期的なローンの使用をお考えの方は40代には住宅を購入することが望ましいでしょう。
 
□結婚や子どもが生まれるタイミング
結婚や妊娠を機に住宅を購入するという方も少なくありません。
同棲を始めたり、家族が一人増えるわけですから、その分適した間取りや住環境がありますよね。
これは、マイホーム購入の非常に良いタイミングですが、同時に注意も必要になります。
これからの家族計画、現在の金銭状況から、自分にとって今のタイミングがベストなのかを慎重に考えてみましょう。
 
□おわりに
今回は、注文住宅購入のタイミングについてご紹介しました。
マイホームはこれから何年も住み、多くの時間を過ごしていく大切な場です。
後悔することがないように、今回ご紹介した点を参考にして自分に最適のマイホーム購入のタイミングを考えてみてくださいね。
 
長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

連休

営業の小野です。

 

3連休最終日いかがおすごしでしょうか。

心配していた台風もそれて影響なく良い天気がつづきました。

 

自分も昨日は金沢に日帰りでいってきたのですが、雨も降らず助かりました。

 

9月から雨や台風の日が続いていて運動会なども延期や中止が多かったようです。

 

お家づくりも天候に影響されることが多いので日程がずれてしまったりしますが、

10月は統計的に晴れの日が多いので予定通り進められるかと思います。

 

雨が降らないと困る方もいますが、なにかイベントがある日は晴れるといいですね。

 

 

 

塩尻市、松本市、安曇野市の新築、リフォーム、不動産はAIWA匠まで!

辰野N様邸

こんにちはTMの山田ですup

辰野にてN様邸現場吹き付け断熱工事を終え木工事本格的始動です。

2018107223024.jpg

2018107223049.jpg

北側子供室には十分な採光のため屋根裏とランマ部に工夫をこらしますshine

北側の欠点を補います。年内引き渡しへ向け頑張ります。

松本 塩尻 岡谷で自然素材を使った新築 リフォームを検討の方はAIWA匠へ!

 

 

ページ上部へ