ホーム家づくりブログスタッフブログ賃貸はすぐにやめて家を買うべき
スタッフブログ

賃貸はすぐにやめて家を買うべき

こんにちはTMの山田です。up

 

コロナショックによる物価上昇が懸念されています。

インフレです。ただのインフレではなくハイパーインフレといわれる物価が上昇し続けるものです。

戦後の日本でも、このハイパーインフレが起こりました。

1945年の終戦から1949年末までに物価が約70倍。

インフレになると、借金がインフレになった分だけ棒引きにされる。

過去に借りたお金の価値が下がるからですね。

 

コロナショックは全世界の経済を止めるほどの猛威で、

すべての国が自国防衛に走っている。自国以外がどうなろうとお構いなしの情勢。

こんな中では何が起きてもおかしくない。

自国通貨の価値が大きく下落するハイパーインフレの可能性があることも、

視野に入れておいた方がいいと思っています。そうした事態に備えて個人ができることは限られ、

賃貸はすぐにやめて家を買うべきだということ。

 

例えば

 

Aさん 賃貸に住んで、貯金が1000万円ある。

Bさんは500万円を頭金にして、3000万円のローンを組み、3500万円の家を建て住む。

 

ハイパーインフレが起こると2人の明暗ははっきりする。

モノの価格や家賃が大幅に上がるので、

 

Aさんの貯金は価値が大幅に下がる。

戦後のハイパーインフレの再来なら、1000万円で買えるものは70倍なので、貯金は1000万円÷70=14万円ほどになり、ほぼ全財産がなくなってしまう。

 

一方、Bさんは持ち家である自宅が勝手に資産価値の値上がりをする。

インフレのときに値上がりする代表的なものは不動産である。

資産価値が膨れて負債額がそのままなので、差し引きした純資産は増える。

借金をたくさんしているほど、膨れる資産は多くなる。

戦後のハイパーインフレのように物価が70倍になれば、3500万円の住宅の価値は24.5億円になっていて、借金は3000万円のまま。

これは自分が出した現金500万円に対して、借金で3500万円の資産を手に入れているのと同じこと。

このように、有事の際の持ち家は生活防衛に役立つ。

 

少し大げさな話かもしれないですが、資材高騰、廃棄処分費の高騰すでにインフレは始まっています。急激になれば・・

 

 

松本 塩尻 岡谷で自然素材を使った新築 リフォームを検討の方はAIWA匠へ!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2234

ページ上部へ